僻地で陸マイラーの忘備録

僻地で陸マイラーの忘備録

地域医療にて勤務中の総合診療医夫婦の日頃思ったこと、マイル、診療、子育てなどつれづれなるままに書くブログ

“僻地で陸マイラーの忘備録”

“ナースときどき女子”看護師さん向けのほっこり情報サイト

みなさまいつもお仕事お疲れ様です。

今回はナースの方にナース専門の情報サイトをご紹介させていただきます。

 

ご紹介しますのは、

「ナースときどき女子」

byレバレジーズ株式会社

というサイトです。

kango-oshigoto.jp

 

これから少し紹介をさせていただきます。

 

ナースときどき女子とは

f:id:hamey88:20181204173729p:plain

こちらのサイトは看護師向けの情報系サイトです。

提供している情報は多岐にわたっており、

看護師として仕事していく中や、看護学生ならではのあるある話だったり、「プリセプターになった方」や「オペナースに初めてなった方」へのアドバイスなどの具体的な仕事役立ち情報、休日にリフレッシュするのであればこんな場所やここではこんな経験できますよ、といった遊び溢れる情報までのいろんな情報を定期的に配信されているサイトさんになります。

 

旅好きナースの心を掴むお宿とは?一度は泊まってみたくなる宿泊施設の情報をチェック☆に”変なホテル 銀座店”がランクイン

 

旅好きナースのための宿泊施設情報を集めるにあたり、当サイトで記事を書きました

 

変なホテル 銀座店

 

www.hekichi-miler.com

 

が取り上げれることになりました。

また、当サイトの記事もこちらに合わせて取り入れてもらってます。

 

 

https://kango-oshigoto.jp/media/article/2235/

f:id:hamey88:20181204174349p:plain

当サイトはこのような形でご紹介いただきました。

f:id:hamey88:20181204173633p:plain

ブログの紹介もしていただき、ありがとうございました。

もしよかったらみなさんも一度ご覧いただけたら幸いです。

 

 

 まとめ

ナースときどき女子の情報サイトのご案内をさせていただきました。

ためになる情報もたくさんありましたので、私も看護師さんと共有してみようかなと思っております。

当サイトも大した記事は書けませんが、皆様のお役にたてる情報提供ができたらいいなと思って頑張っていこうと思います。

ワイキキビーチのコインランドリーin アウトリガーホテル

ハワイ旅行でワイキキビーチで泳ぐ方は多いかと存じます。

私たちはロイヤル・ハワイアンホテルを利用させていただいたのですが、

 

 

www.hekichi-miler.com

 

 

こちらのロイヤルハワイアンホテルにはコインランドリーがありません!!

ホテルのランドリーに頼むと結構高額になるとのことでした。

子連れですし、洗濯物は多くあります。

近くのコインランドリーを調べたところ、アウトリガーホテル内にコインランドリーがあるとのことでしたので、そちらを利用させていただきました。

 

宿泊者以外のコインランドリー利用の是非については当サイトでは判断しかねますが、少なくとも利用時にスタッフの方から何か言われたりとかはありませんでした。

もしよろしければ選択肢の一つとしてご紹介させていただきます。 

 

 

 ビーチからの行き方

ビーチ沿いにアウトリガーホテルの前まで行きましょう

青いパラソルが目印になります

f:id:hamey88:20181104221903j:plain

 

アウトリガーの中のホテル者専用プールの近くにあります。

 

 

プール沿いからも行けるのですが、プールから回りますと監視員さんの目の前を大量の洗濯物を持って歩くことになりますので(なんとなく気まずいので)、一周回ったルートでご案内します。

 

アウトリガーホテルの中にDUKE'Sというカフェ(ビーチから見れば直ぐわかります!!)がありますので、その右側に階段がありますのでそちらを登ります。

f:id:hamey88:20181104222408j:plain

 

するとDUKE'Sのお店の入り口がきますので、その横を通り過ぎます。

f:id:hamey88:20181104222511j:plain

そのあとホテルの中に入りますので、そのままショップ間を抜けてまっすぐ進みます。

f:id:hamey88:20181104222609j:plain

正面突き当たったら左に曲がります。

左手にはDUKE'Sの正面入り口、右側にデザート屋さんがあるのが目印になります。

f:id:hamey88:20181104222736j:plain

この看板です。

ここを過ぎて左に曲がるとコインランドリーに到着です。

f:id:hamey88:20181108144411j:plain

メインストリートからも行けます。

f:id:hamey88:20181122220610j:plain

工事中でしたが、「GALLERIA」の看板の下の通路からはいれば

正面に「DUKE'S」の看板が現れます。

突き当たって右に進めばコインランドリーです。

 

 洗濯機料金 1回4ドル

f:id:hamey88:20181122215247j:plain

クレジットカードのマークが付いているため、クレジット払いをしようと何度も何度もトライしましたが、使えませんでした。最初からコインを使えばよかったと思います。

乾燥機は30分3.75ドル

f:id:hamey88:20181122215446j:plain

こちらもクレジットカードがうまく使えませんでしたので、結局コインで会計しました。

洗剤の自動販売機もあります

f:id:hamey88:20181122220152j:plain

洗剤すぐ買えます。

安心してください。

(超重要)両替機がない!!!

このコインランドリーの最大のデメリットは

近くに両替機がないこと!!

です。

コインランドリーですので、紙幣も使えません。

コインが必要になります。

近くに両替をしてくれそうなコンビニ的なお店もあまりありませんでしたので、自分で最初から用意しておく方がbetterかと思います。

 

コインランドリーをご利用するつもりの方は、コツコツと1ドルコインを集めておいてください。

私はここで大量の1ドルコインを消費しました。

(もちろん入念に用意しておりました。)

 

まとめ

以上、アウトリガーホテルのコインランドリー情報でした。

 

子連れで行くロイヤルハワイアン・ラグジュアリーコレクションリゾート・ワイキキ

SFC修行兼夏休みでの家族旅行、5泊7日の日程でハワイへ行ってきました。

ハワイ宿泊最終日は

ロイヤルハワイアン・ラグジュアリーコレクションリゾート・ワイキキです。

f:id:hamey88:20180926161855p:plain

引用:ロイヤルハワイアン公式HPhttp://www.royal-hawaiian.jp

 

SPGではカテゴリー7のホテル

今回はSPG AMEXにて貯めたポイントで無料宿泊をしてきました。

最終日にこのホテルをチョイスしたのは正解でした(後に理由をご説明します)。

 

 

ホテル外観

4泊目のシェラトン・ワイキキの隣にあるホテルです(※シェラトン・ワイキキについてはまた別記事でご紹介します)。移動は徒歩で数分。

外観は太平洋のピンクパレスト言われるだけあって綺麗なピンク色です。

f:id:hamey88:20180926150911j:plain

 

チェックインする際には女性はお花のレイを、男性は木の実のレイを首にかけてもらえます。ハワイアン気分が増します。

f:id:hamey88:20180926150822j:plain

 

ロビーからも海が見えてとても綺麗です。

f:id:hamey88:20180926151000j:plain

 

 

SPG AMEXでアップグレード可能 

今回もともと無料宿泊予定であった部屋は、こちらのヒストリックガーデンでした。

f:id:hamey88:20181005161724p:plain

引用:ロイヤルハワイアン公式HPhttp://www.royal-hawaiian.jp

お部屋はとてもお洒落なのですが、残念ながらこのままではラウンジの利用ができません。ラウンジが利用したかったのでチェックインの際に交渉です。

主人「出来ればマイラニタワーの方に宿泊したいのですが・・・」

フロントのお姉さん「ちょっとお待ちください」

・・・・・

フロントのお姉さん「大丈夫です、マイラニタワーの方のお部屋に無料で変更させていただきます」

我々『\(^o^)/』

交渉成功です。 

 

マイラ二タワーへと向かう廊下もピンク色で綺麗です。

f:id:hamey88:20180926151150j:plain

 

 

 

お部屋 

マイラニタワー、お部屋そばの廊下の様子。

f:id:hamey88:20180926151515j:plain

 

お部屋の外には製氷機もあります。

f:id:hamey88:20180926151311j:plain

 

お部屋は決して広くはありませんが、キングサイズのベッドは大人2人と子供が1人寝るのには十分なサイズです。

f:id:hamey88:20180926155812j:plain

f:id:hamey88:20180926155854j:plain

 

くつろいでいます。

f:id:hamey88:20180926160059j:plain

 

お水、コーヒーメーカーもあります。

f:id:hamey88:20180926160318j:plain

 

雑誌やタブレットもあります。

f:id:hamey88:20180926160417j:plain

f:id:hamey88:20180926160503j:plain

 

一旦外出し、またお部屋に戻るとコイン型のチョコレートと追加のお水が。

ちょっとした心配りも嬉しいです。

f:id:hamey88:20180926155650j:plain

 

洗面所

f:id:hamey88:20180926155212j:plain

 

お風呂

f:id:hamey88:20180926155314j:plain

  

バスローブもピンク色です。

f:id:hamey88:20180926151646j:plain

 

・・・とりあえず着てみました。

f:id:hamey88:20180926151749j:plain

 

 

お部屋からの写真

お部屋からプール、海が見えます。

f:id:hamey88:20180926155549j:plain

f:id:hamey88:20180926160914j:plain

f:id:hamey88:20180926161030j:plain

 

ベランダにはソファとテーブルがあります。お酒なんか飲みながらのんびりするのも素敵ですね。

f:id:hamey88:20180926160633j:plain

 

くつろいでいます。

f:id:hamey88:20180926160804j:plain

 

 

リゾートチャージ

リゾートチャージとして宿泊料の他に36ドル必要ですが、以下のサービスが受けられます。

  • 部屋の無料Wi-Fi
  • オアフ島で利用できるWi-Fiの無料レンタル
  • プロカメラマンによる写真撮影(1階のベーカリーの横にある写真スタジオでプロのカメラマンによる写真を撮ってもらえますが、要予約)
  • カメラ1日無料レンタル
  • 室内電話からの国際電話無料
  • 500mlボトルウォーター1日2本(2日目以降は補充という形)
  • フィットネスクラス、リゾートカルチャークラス(レイ作り、ヨガ、フラレッスンなど)
  • 「コレクションズ・オブ・ワイキキ」割引クーポン冊子
  • サーフラナイ、ルームサービスで、大人1人につき12歳以下の子供食事無料
  • シーライフパーク2人目入場料無料
  • ロイヤルハワイアン内店舗「マリエオーガニクス」で100ドル購入につき20ドルのギフトカード
  • ザ・ロイヤルハワイアンベーカリーでの詰め合わせ1袋無料
  • ザ・ロイヤルハワイアンベーカリーでのギフトボックス10%割引

 

パン屋さんのパンは美味しかったですね。プロのカメラマンによる写真も撮ってもらいたかったですが、気づくのが遅く、諦めました・・・。

 

 

ラウンジ〜利用時間〜

ラウンジ外観です。ラウンジはマイラニタワーの1階にあります。

f:id:hamey88:20180926151229j:plain

ラウンジでは、以下の時間帯で食事が可能です。

  • マイラニ・モーニング 6:30am~9:30am
  • マイラニ・イブニング 5:00pm~7:30pm

席数があまり多くないので、イブニングは5時前に行ってスタンバイしていました。20分後ぐらいには満席になっていたと思います。早めに食べたい方は5時ジャストぐらいに行けば(多分)大丈夫ではないかと。

 

 

ラウンジ〜マイラニ・イブニング〜

お野菜いっぱいで健康的な夕食ですが、主人はちょっと物足りなかったようでした。

f:id:hamey88:20181005154331j:plain

f:id:hamey88:20181005154437j:plain

f:id:hamey88:20181005154535j:plain

f:id:hamey88:20181005154638j:plain

 

f:id:hamey88:20181005154003j:plain

f:id:hamey88:20181005154739j:plain

 早い時間でしたら、スタッフの方がお酒を準備してくれます。

レッドアイなどのカクテルも対応している様子でした。

全ての種類までは把握できませんでしたが。。。

レストラン「サーフ・ラナイ」

ラウンジの食事も美味しかったのですが、施設内にあるレストラン「サーフ・ラナイ」にて追加で食べることにしました。

基本的にはコースのようでしたが、メインの1品のみ頼んで2人でシェアすることにしました。

 

店員さんのオススメを頼むと、お洒落な飲み物が出てきました。

f:id:hamey88:20181005160051j:plain

 

ピンボケしてますが、ポークチョップです。

f:id:hamey88:20181005160006j:plain

これがとても美味でした。もう一回食べたいぐらい。

 

 

ラウンジ〜マイラニ・モーニング〜

パン、ヨーグルト、スコーン、フルーツなどがあります。

日本人向けに機械式のmiso soupもありました。

f:id:hamey88:20181005154029j:plain

f:id:hamey88:20181005154111j:plain

f:id:hamey88:20181005154142j:plain

f:id:hamey88:20181005154214j:plain

 

 

ジムなど

朝から結構な人数の方が運動されてました。皆さん健康志向です。

f:id:hamey88:20180926162804j:plain

f:id:hamey88:20180926162843j:plain

f:id:hamey88:20180926162918j:plain

 

ジムの近くには資料館的な展示物があります。歴史を感じますね。

f:id:hamey88:20180926163016j:plain

f:id:hamey88:20180926163109j:plain

 

私たちは利用しませんでしたが、ヨガやスパなんかもあるようです。体を磨きたい方はいいかもしれません。

f:id:hamey88:20180926162618j:plain

f:id:hamey88:20180926162702j:plain

 

ホスピタリティルーム〜チェックアウト後も利用可能〜

中国経由で帰国するため、私たちの便は深夜23時の出発でした。一旦チェックアウトを行い、ホスピタリティルームを使用することにしました。

ホスピタリティルームを使用するには、フロントでカードをもらいます。

初回の交渉では使用できないと言われてショックを受けましたが、日を改めて交渉すると、「使用オッケーです」と言われました。

きっと、一度断られてもめげない心が大切なんだと思います笑。

こちらがホスピタリティールームに入るためのカードです。

f:id:hamey88:20181005160936j:plain

 

シェラトン・ワイキキにもホスピタリティルームはあるものの、予約制でしかも利用時間は30分とのこと。これほど時間制限があると、子連れには正直きついですよね。

最終日の宿泊をどちらにするか迷いましたが、ロイヤルハワイアンにしておいて正解でした。この後11時間+4時間のフライトが待っていたため、是非ともシャワーは浴びておきたかったし、飛行機に乗るまでのんびりしたかったので。

 

ホスピタリティールームの入り口です。

f:id:hamey88:20180926163204j:plain

大きなテレビ、いくつかのテーブルや椅子、パソコン、洗面所、シャワールームがあります。

利用する時間帯によっては他の宿泊客の方と相部屋となりますが、致し方ありません。

f:id:hamey88:20180926163351j:plain

f:id:hamey88:20180926163436j:plain

 

洗面所です。

f:id:hamey88:20181005160246j:plain

f:id:hamey88:20181005160311j:plain

 

シャワールームです。

f:id:hamey88:20181005160338j:plain

 

アメニティは一式揃っています。

f:id:hamey88:20181005160417j:plain

シャワーを浴び、買ってきた夕食をとってのんびりした後、Uberを手配し空港へ。

旅の思い出に浸りつつ、帰国の途へつきました。

 

 

最後に

老舗ホテルでしたが、お部屋、設備ともにとても綺麗。古さを全く感じさせないホテルでした。

SPG AMEX保有のみのゴールド会員ではありますが、ラウンジが利用できる部屋へ無料でアップグレードしてもらえたのはとても有難かったです。

それに、ホスピタリティルームが使用できたのもとても良かったです。やはり飛行機乗るまではちょっとゆっくりしたいですし、シャワー浴びたいですし。

ちょっと頑張ってフロントで色々交渉すれば、良いサービスを受けられる(かもしれない)ことを学びました。

 

ロイヤルハワイアン・ラグジュアリーコレクションリゾート・ワイキキを宿泊先としてお考えの場合、参考にしてくださいましたら幸いです。

ホテルそばのビーチからこんな素敵なサンセットも見られます。

f:id:hamey88:20181005155623j:plain

こんなに綺麗だと、テンションも高くなりますよね。

 

こちらの記事もどうぞ。結婚式総費用をSPG AMEXで支払うと、ロイヤルハワイアン・ラグジュアリーコレクションリゾート・ワイキキに無料で(支払いはリゾートチャージのみ)、しかも連泊するのに十分だよ、という話です。

www.hekichi-miler.com

 

子連れで行くワイキキ・サンドビラホテル

SFC修行兼夏休みでの家族旅行、5泊7日の日程でハワイへ行ってきました。

最初の3日間は、

uberやレンタカーを使ってどこそこ行ったり

www.hekichi-miler.com

 

セスナに乗ったり、 

www.hekichi-miler.com

 ほとんどホテル内に居ないこともあり、コストパフォーマンスも考慮し、

「ワイキキ・サンドヴィラホテル」

というところに宿泊しました。

f:id:hamey88:20181108155606j:plain

【公式】ワイキキ・サンドビラ・ホテル - Home

公式HPを見てなんとなくわかるように、明らかに日本人向けなので日本語対応スタッフもいて、英語に自信のない人も安心です。

 

 

 

チェックイン

ホテルに着いたのは夜でした。ライトアップされて少しおしゃれです。

f:id:hamey88:20181108154154j:plain

私「予約してましたはみぃです(英語)」

フロント「お待ちしておりました(日本語)」

・・・/(゚∀゚)/!

 

お部屋

お部屋はスタンダードルームを予約。ベッドも広く、普通に綺麗です。

f:id:hamey88:20181108152245j:plain

 

お風呂は少し狭いですが、問題ない程度。

トイレは日本人には嬉しいウォシュレット付き。

f:id:hamey88:20181108152008j:plain

f:id:hamey88:20181108152501j:plain

f:id:hamey88:20181108152533j:plain

 

冷蔵庫にはお水とジュースの無料サービスもあります。

f:id:hamey88:20181108152715j:plain

f:id:hamey88:20181108152615j:plain

 

関係ありませんが、冷蔵庫のメーカーがGEでした。GEはエコーだけを作る会社だと思ってましたがいろんな部署があるみたいですね。

f:id:hamey88:20181108155436j:plain

 

ホテルからの夜景です。街と山の明かりが綺麗です。

f:id:hamey88:20181108152829j:plain

 

お昼はこんな感じです。街中にあるのでオーシャンビューではありませんが、それでも十分開放感があります。ハワイは空が広く感じますね。

f:id:hamey88:20181108155055j:plain

 

 

ホテル施設内のワインバー

ホテル施設内にWINE BAR IL BUCOというワインバーがあります。普通に夕食も楽しめます。

f:id:hamey88:20181108154634j:plain

 

お店の中の雰囲気は結構素敵です。

f:id:hamey88:20181108154425j:plain

 

メニュー。あんまりわからなかったので、店員さんにオススメを聞きました。

f:id:hamey88:20181108154344j:plain

 

とにかくお腹がペコペコだったので、お肉、パスタ、ポテトとタコのお料理を注文。

あまり美味しそうに撮れませんでしたが、

f:id:hamey88:20181108154857j:plain

f:id:hamey88:20181108155007j:plain

 

お肉、ポテトとタコはめっちゃ美味しかったです。

パスタは、

私「辛いですか?子供も食べるので・・」

イケメンのお兄さん店員「少し辛いので、ペッパーなしにしますね」

と言って出てきた料理だったので、ちょっと何か足りない味。

途中から子供もお腹いっぱいになったので、ペッパーを足してもらいました。

ハワイ価格なので、3人で1万円程度と決して安くはありませんが、美味しかったです。

 

 

プール(泳がなかったけど)

全長21mのプールがあります。夜はライトアップされており、ナイトプールも楽しめます。ライフガードは常駐していませんので、子連れで入る際には気をつけましょう。

利用時間は午前9時〜午後9時です。

f:id:hamey88:20181108160059j:plain

 

カードキーもプールの写真付きです。

f:id:hamey88:20181108154116j:plain

 

朝食

朝食はホテル1階Loco Houseにてバイキング形式のものが頂けます。

f:id:hamey88:20181108155733p:plain

 

f:id:hamey88:20181108155755p:plain

 

f:id:hamey88:20181108155817p:plain

味は、まあまあ美味しい。なんだかアメリカの朝食って感じ。

でも味噌汁もあり、やはり日本人向けなんだなあとしみじみと感じました。

予約した段階で朝食無料が確約されていましたが、3日目の朝食では、係の男の人に

「一人当たり●ドル必要です」

と言われてプチパニックに。

まあ、、もう2日間食べたしいいかな・・・とも思いましたが納得いかなかったのでフロントのお姉さんに交渉し解決。

 

ちなみに、朝食会場には窓ガラスがありませんので、油断するとめっちゃ鳥に食べられます。気になる方はあまり席を離れない方が良いかもしれません。

子供は「とりさん、きたー」と楽しんでいました。

 

 

ワンズレンタカー

1階には日本人経営のレンタカー(ワンズレンタカー)があります。

f:id:hamey88:20181108160716p:plain

公式HP:ハワイでも格安ワンズレンタカーいつでも日本語対応OK、格安からさらに割引キャンペーン実施中

料金は1日レンタルで1万円程度。カーナビ無料でした。

(日本のものには劣りますが、オーストラリアのレンタカーのほぼほぼ使えないカーナビよりはずっと性能が良かったです)

当日予約では全く空きが無い状態とスタッフさんが言ってましたので、レンタカーの利用を計画している方は日本からの早めの予約をオススメします。

 

ホテルで借りてホテルに返すというシステムですので、便利ではあります。

 

 

ホテル宿泊のお値段

1泊あたり3人で13000~14000円程度、3泊しても4万前後でした。日本のビジネスホテルとさほど変わらないですね。物価の高いハワイにしてはお安い料金設定かと思います。

 

 

その他施設情報

ベビーベッド、エキストラベッド

ちなみにベビーベッドは1日10ドル+税金、エキストラベッドは1日28ドル+税金にて貸出しているようです。赤ちゃん連れにも安心です。

 

 

ホスピタリティールーム

f:id:hamey88:20181108160912p:plain

引用:ワイキキサンドビラ公式HP

シャワー、パソコン、テレビなどがあるホスピタリティールームもあります。今回は利用しませんでしたので写真などはありませんが、午前7時〜午後12時まで無料で利用できるとのことで、ハワイ滞在最終日にこちらに宿泊される際には、利用をご検討ください。出発前にシャワーが浴びられてのんびりできるのは、とても嬉しいですよね。

 

 

コインランドリー

f:id:hamey88:20181108160939p:plain

引用:ワイキキサンドビラ公式HP

基本的に、ハワイでは外に洗濯物を干すことは禁じられています。つまり長期滞在旅行者はコインランドリーをフル活用する必要があるわけです。

ワイキキ・サンドビラホテルのコインランドリーは洗濯1回2ドル、乾燥機は1回1.5ドル、洗剤は1ドルです。アウトリガーなどと比較するとリーズナブルにお洗濯できます。午前7時〜午後12時まで利用できますが、順番待ちになることもしばしばです。

 

 

最後に

3日間居てわかりましたが、日本人がめちゃめちゃ多いホテルです。大学生のグループみたいな方々もいました。やはり日本人経営のレンタカーがホテル内にある、というところも要因の一つなのでしょう。ABCストアも徒歩圏内にあるので、立地も悪くありません。コスパが良いホテルをお探しの方、検討してみては如何でしょうか。

パイロットの夢を叶える飛行機操縦体験(セスナ)in ハワイ

私は子供のころ、パイロットになりたいなと常々思っておりました。

飛行機はかっこいいですし、空の乗り物に憧れていたのです。

ただ、小学校後半頃から視力がどんどん低下し

とてもパイロットの身体基準に届かないくらいまで

視力が落ちました(裸眼ではランドルト環の一番上すら見えません)

また重ねて高校生の時に

「色覚異常染色体」

を持ち合わせている事まで発覚し、

(日常生活で困ることはほとんどないレベルですが、、、)

パイロットの夢は淡く消え去りました。

 

パイロットを諦めて、真剣に涙したあの日から10年以上の月日が経ち

思いがけずに

「飛行機を操縦する」

という夢が叶いました。正直とてもとても嬉しかったです。

ハワイ(アメリカ)では、素人の人でもパイロット教官とともに小型飛行機操縦体験ができるのです!!

そんなセスナ体験の感想をレビューさせていただきたいと思います。

 

 セスナ飛行機体験概要

セスナの飛行機体験に関してgoogleで調べると結構たくさんヒットします。

今回は子供、夫婦全員一緒に乗れることを条件に検索し

 

「オフショアフライトスクール」

www.offshoreflightschool.com

こちらの会社を利用させていただきました。

小型飛行機だけでなくヘリコプターも操縦することができます。

あのコナンくんもヘリコプターを操縦できるそうで

「ハワイに親父に教えてもらった」

と言ってたとか言ってなかったとか笑

 

www.youtube.com

こちらの動画で搭乗の様子がご覧頂けます。

(ひょっこりはんの際話題となったBGMとともにお届けされています)

 

料金

<セスナ体験コース>

体験操縦 30分体験 $156

     45分体験 $202

     60分体験 $249

同乗者  30分体験 $96

     45分体験 $120

     60分体験 $126

<ヘリコプター>

体験操縦 30分体験 $390

     45分体験 $572

     60分体験 $696

同乗者  30分体験 $70

     45分体験 $84

     60分体験 $98

 

ヘリコプターと比べるとセスナの方が安価に操縦体験ができます!!

次回はヘリに挑戦してみようかとも考えてます。

 

飛行時間の選び方

基本的には朝から夕方までの時間を選択できます。

いろんな方のブログを参考にしまして、

今回は夕日を堪能できる16時以降スタートのサンセットコースに参加することとしました。

 

 

当日の流れ

ワイキキ周辺のホテルに宿泊される方が多いとは思います。

フライト自体はホノルル空港から行いますが、ワイキキの指定のホテルまで迎えに来てくれます。

日本人の方が迎えに来てくださって、日本語で安心です。

40分くらい移動して空港近くのオフショアフライトスクールにたどり着きます。

 

f:id:hamey88:20181030135255j:plain

こちらで誓約書に署名します。

(内容はざっくりいうと飛行機が事故っても文句言いませんよ的なやつです。)

署名が終わったら飛行機の説明に入ります。

 

教官の方

「では飛行機の入ろうと思うんですが、、、、難しいこと言ってもつまらなくなってしまうので、とりあえずもう乗って操縦しちゃいましょう!!」

 

気づいたらもう飛行場についていました。

 

 

 

 

飛行場に到着です

f:id:hamey88:20181030135755j:plain

娘はすぐに教官になつきました。

見る人がみればこれが夫婦と思われるかもしれないですが、違いますよ。

 

 

こちらの飛行機を操縦します

f:id:hamey88:20181030135629j:plain

 

簡単な説明を受けたらすぐにフライトが始まります

f:id:hamey88:20181030140033j:plain

エンジン操作系は基本的に運転手の方がやってくださるので、

こちらはハンドル操作だけです。

ただ、風や上昇気流などの影響を受けてか、すぐ揺れますしちょっとしたハンドル操作でかなり動きます。なかなか安定して飛ぶのは大変です。

 

なので、ハンドルだけでもかなり神経を使います、、、

慣れてくると少しは景色を楽しむ余裕が出て来ます。

 

海上まで出て来て、今回のメインのサンセット風景です!

f:id:hamey88:20181030141044j:plain

サンセットには少し早い時間でしたが、

少し夕焼けで赤みのある太陽を綺麗にみることができました。

(写真では十分その魅力をお伝えできないのが残念です・・・。)

 

いろんなブログでセスナは最終日付近で乗ることをお勧めしております。

なぜかといえば、実際に自分が見たりした場所を空から眺めることができるからです。

今回のフライトでも実際に訪れた施設なども上から眺めることができました。

 

アウラニ・ディズニーリゾートです(行きたかった)

f:id:hamey88:20181030140132j:plain

 

飛行場です。ハワイにはいくつか飛行場があります

f:id:hamey88:20181030140326j:plain

 

ドールプランテーションです。よく観察するとパイナップルの迷路も見えます

f:id:hamey88:20181030140538j:plain

 

全部パイナップル畑なんだそう。赤土が鮮やかです

f:id:hamey88:20181030154139j:plain

 

パールハーバー

f:id:hamey88:20181030154223j:plain

 

少し曇り空だったので絶景とはなりませんでしたが

おかげで↓

f:id:hamey88:20181030140421j:plain

ぼやけてわかりにくいですが、大きな虹も見ることができました。

 

こうして約1時間のフライトが無事終了。

緊張しっぱなしであっという間でした。

そのままホテルまで送ってもらって終了となります。

 

まとめ

約1時間の短いフライトでしたが、

小さい頃からの憧れを叶えることができました。

2歳の娘はフライト中ずっと寝てくれていたのでそれがなにより助かりました。

(フライトスクールのスタッフの方曰く、だいたい小さな子供は寝てしまうのだそう)

アメリカやハワイに行かれる方は

セスナやヘリ操縦もぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

 

初めての「Uber」体験記 inハワイ

「Uber」ってご存知ですか。

「Uber」は簡単に言うと、民間タクシーのようなものです。

アメリカなどでは、タクシー免許を持たない一般のドライバーが自分の車を使ってタクシーのような運用をすることが認められているようで、この「Uber」が広く利用されています。

海外で便利とささやかれる「Uber」ですが、日本ではまだまだ実用的に動いていないのが実情です。

今回のハワイ旅行で実際に利用しましたが、「Uber」はタクシーより安価でいつでもどこでもアプリ一つですぐ利用できるので、とても便利です。

 

もちろんトラブル案件もちらほら耳にしますが、比較的安全に何度も利用することができました。そのレビューをさせていただこうと思います。

 

f:id:hamey88:20181016165547p:plain

 

「Uber」の利用の仕方

まず、アプリで「Uber」をダウンロードしましょう。

現地でダウンロードでてこずるのが嫌な人は、日本でダウンロードしていくことをお勧めします。

妻が「現地でダウンロードしてプロモーションコードっていうのを入力すると、最初15ドル割引になるんだって!」というので、私は現地でアプリをダウンロードしましたが、最初アプリの立ち上げがなかなかうまくいかずにかなり苦戦しました。

見慣れぬ土地でいきなりつまづくと、結構疲れますよね。

自分のプロフィールを登録

最初に名前、メールアドレス、電話番号、ログインパスワードなどを登録します。

支払い方法の選択

Uberではクレジットカードの登録を行います。

クレジットカードを登録することで利用時に自動決済が利用できます。

実際にUberを利用した後、運転手に直接お金を支払う必要がありません。

また、乗車予約時に自動的に料金が設定されますので、渋滞があろうが、遠回りされようが、金額は固定です。

なので、利用料金をぼったくられる可能性が比較的低いと考えられます。

 

これだけ登録すればOKです。

 

乗車する車の種類

f:id:hamey88:20181016165632p:plain

Uberでは乗車する車の種類で料金設定が異なります。

「UberX」・・・一般的な乗用車でのサービス

「UberXL」・・・手頃な値段で最大6名まで利用可能

「UberSUV」・・・最大6名まで乗れるラグジュアリーSUV

「Uber Black」「Uber Select」・・・高級車

 

自分の利用用途にあった車をその都度選ぶことができます。

 

安全面は大丈夫??

f:id:hamey88:20181016165945p:plain

ドライバー、乗客共に安全に利用できるように24時間体制で動いているそうです。

利用者側としては、ドライバーが勝手なことをしないようにGPSで追跡管理されており、電話番号も相手に知られないようになっています。料金も自動支払いですので、その点も安心です。

 

Uber登録の際にドライバーの審査があるみたいです。

f:id:hamey88:20181016170438p:plain

また、乗客が利用後にドライバーを評価するシステムが導入されており、一定点数を下回るドライバーには仕事が回らなくなるように設定されているそうで、結構シビアな世界になっています。

 

ホノルル ダニエル・K・イノウエ国際空港での「Uber」待ち合わせ場所

 

f:id:hamey88:20181016164041p:plain

「Uber」のピックアップ場所は第1ターミナルの2階にあります。

 

ハワイアン航空を利用されていない方であれば通常中央のターミナルの1階から入国する形になるので、事前に場所の確認をしといた方が安全です。

 

入国からまず2階にあがり

f:id:hamey88:20181016154832j:plain

道路沿いに歩きます。

f:id:hamey88:20181016162801j:plain

矢印方向に進んでいき

f:id:hamey88:20181016162647j:plain

3番の看板あたりで横断歩道を渡ります。

(タクシー整理の警備員の方がいますので、分からなければ聞けば教えてくれます)

 

f:id:hamey88:20181016155304j:plain

こちらの場所がホノルル空港の待ち合わせ場所です。

f:id:hamey88:20181016155323j:plain

 

実際に呼んでみた

f:id:hamey88:20181016164609p:plain

 

今回表示されたウーバーでホノルル内のホテルまでの料金最安値で

約$27です。車の種類で結構値段設定が違うことに驚きです。

ホノルル空港からワイキキまでは

バスで約$20

タクシーで約$40

なので、ウーバーX(≒普通車)であればコストパフォーマンスには優れているとは思います。

 

ウーバーはお客さんの近くにいる車を自動的にピックアップして候補をえらびますので、その都度車の種類が若干変わります。

 

乗車する車の種類が決定すればウーバーが車を探し出します。

一番最初に反応した車がこちらに向かってくるシステムです。

車自体は数秒で決定し、約5分この場で待ちます。

f:id:hamey88:20181016163005p:plain

車が後何分で着くかもですし、こちらに向かってくる様子もGPSで確認できます。

こちらにくる車が決まった時点で

運転手の写真、名前、車の車種、車のナンバーがこちらに表記されていますので、見つけたらこちらから合図してあげるといいでしょう。

 

 

タクシーの運転手とほぼ変わらないサービス内容

車が到着すると、挨拶を交わして車に乗ります。

荷物は運転手さんが積んでくれます。

 

車の中は、運転手さんによりけりでよく話す方もいらっしゃれば、無言で運んでくれる方もいます。

車も綺麗に清掃されている方がほとんどでしたし、タクシーと全然変わらない印象でした。

 

ちなみに「Uber」 では、運転手は利用後の乗客からアンケートで評価されます。

星5つの5段階判定で、

低評価のドライバーには仕事がまわらなくなるシステムのため

結構みなさん親切にしてくださいます。

(以後の仕事が左右される分、日本のタクシーより親切かもしれません)

 

支払いはキャッシュレス

運転中は、Uberのカーナビ指示に沿って基本運転してくれるので

故意に遠回りなどされても、わかりやすいです。

 

そもそも、乗車時点で料金が決まっている

ので、タクシーより安心じゃないかなと個人的には思ったりします。

 

また、料金の支払いは

最初に登録したクレジットカードで自動的に支払い

になるので、

運転手と直接的な金銭のやりとりがありません。

英語が苦手な方でも安心して利用ができるかなと思います。

というか、財布を出したり慣れない紙幣を使わなくてもいいので本当に楽でした。

 

 

「Uber」は難しくない!一回は試してみる価値あり

登録もそんなに難しくありませんし、1回利用すれば使い方はすぐにわかります。

旅先では、「どこにいったらタクシーが呼べるかな」なんて思うこともありますが、Uberがあれば一発でどこでもアプリだけで運転手が迎えに来てくれます。

 

みなさん、「Uber」を使う機会がありましたら是非一度利用されてみてください!! 

「Uber」はとても便利で、使い勝手がよかったです。

「日本で広めといてくれよ!!」

といわれましたが、日本にはまだまだ根付かそうですね。 

 

 

<番外編>運転途中、絶景ポイントに寄ってくれた

「この通り沿いに日本人があまり行かない絶景ポイントがあるんだけど、寄って行かないか?もちろんサービスだから!」

運転手が急に言い出した。

怪しさ満点だったが、物事はなんでも経験だろうとのっかってみることにした。

f:id:hamey88:20181020081911j:plain

この方が運転手である。

普段は警備員の仕事をしていて、土日のお小遣い稼ぎでUberをやってるらしい。

日本の高校生のホームステイの面倒をみたことがあるそうで、今でもメル友。日本は大好きだ、とのことでした。

f:id:hamey88:20181020083317j:plain

こちらが運転手さんオススメの絶景スポットである。

確かに眺めがよく、風が気持ち良い。

季節によっては子供が吹き飛ばされるくらい風が吹くらしい。

ハワイの中で日本人が全くいなかった場所はここだけかもしれない。

f:id:hamey88:20181020083537j:plain

こちらにみえますのがおっちゃんの手である。

色々説明してくれるし、記念にと家族写真も撮ってくれた。

 

f:id:hamey88:20181020083628j:plain

ここは昔戦争があった場所だそうで、かなりの兵士がこの崖から落ちてなくなっていったそうな。

風を味方につけた方の国が勝利したとかなんとか。。。(もう記憶が曖昧である)

 

・・・というような、絶景ポイントに寄ってくれた親切なおっちゃんがいました。

最初ちょっと怪しんだが、とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。

感謝です。

 

降りぎわに

「電話番号教えてくれよ!ワイキキに戻るときは教えてくれ!また乗せるから!

17時ぐらいにこの辺りうろついているから!」

 

色々親切にしてもらった恩義もあるので、帰りの際電話した。

英語の電話は不慣れだが、なんとか場所は伝えられた。

 

今から行くよ!

 

といってからなかなかこず、結局1時間待ちだった。

近くにはいなかったらしい。まぁいいか。お世話になったし。

<番外編>超日本オタクの運転手と知り合った

ホテルから空港に向かうUberの運転手は28歳の青年だった。

「日本人なの!?僕日本の漫画大好きなんだよ!」

 

とりあえずジャンプ・マガジン・ヤンマガなどなど多岐に渡って日本の漫画を知り尽くしているようだった。

「今日本ではワンピースはどこまですすんでるの!?」

今ハワイではルフィとカタクリが戦っているところらしい。

新刊がすぐ読めて羨ましいと熱烈に語っていた。

 

また、ちょくちょく日本に遊びに行くみたいでジョイポリスが大好きと言っていた。

丁度翌月に日本に行く、そして翌月誕生日も迎えるとのこと。

「外国人に適応されるかはわからないけど、

確かジョイポリスは誕生日当日に行くと無料なはずだよ」 

 

と伝えたら発狂して喜んでた。

ハワイで一番喜んでもらえた出来事だと思う。

 

以下、ドライバーから聞いたそんな他愛もない情報まとめ

  • ハワイでは5年くらい前にUberが導入されたが、やはりタクシー業界からの猛烈な反発があった。それは今も続いている。
  • Uberでは、運転手の取り分は運賃の7割らしい
  • Uberのみでご飯食べている人もいるし、休みの日に小遣い稼ぎにやる人も多い
  • Uber driverはアプリを起動させている時だけ働くシステムなので、かなりフレキシブルに働ける
  • 28歳の青年曰く、普通に働くよりUberの方が稼げる
  • 観光客より、現地の人の方がお客としてマナーが悪い気がする
  • 酔っ払った大学生が一番タチ悪いらしい (←日本と一緒である)

 

 

以上、Uberについての体験記でした。

【エアチャイナの鬼門】北京空港での乗り継ぎ(トランジット)

 

エアチャイナビジネスクラスで旅行された方のブログで鬼門の一つとして挙げられるのが

「北京空港トランジット」

です。

なにも知らずに行くと、間違える確率がかなり高いとのことでした。

いろんな方からの報告をまとめると

  • 2時間以上かかることがある
  • そもそも入り口がわかりにくい
  • 現地の人に聞いても「あそこに行け」としか言われない
  • 時間かかりすぎて乗り過ごした

など大変だったという報告が多数上がっています。

基本的には

乗り継ぎ間隔は3時間以上あける

というのが望ましいようです。

 

 

あまりにも乗り換えがうまくいかなかったと言われる記事が多かったので、この乗り継ぎが今回の旅行で一番気をはっていました。 

先人にならって、私達のフライトは3時間の間を開けていましたので、比較的余裕を持って望めましたし、結果的にはスムーズに乗り継ぎすることができました。

 

一体験として、報告しようかと思います。

 

 機内での乗り継ぎのアナウンス

f:id:hamey88:20181011163014j:plain

事前情報として着陸前に乗り継ぎのフライト時間と乗り口を確認することができます。 

実際また後で確認するんでしょうが。。。

 

 Transferに向かおう

到着からの道筋をご案内します。

 

f:id:hamey88:20181011163747j:plain

空港に到着です。 

外はまっくら。 

f:id:hamey88:20181011164611j:plain

看板の Transferをめがけてどんどん歩みを進めましょう

 

f:id:hamey88:20181011163857j:plain

看板にそって進んでいきます。 

 指紋認証は無視で大丈夫です。

f:id:hamey88:20181011164045j:plain

左手側に自動指紋登録機がありますが、これは中国に入国する人用です。

我々はスルーします。

f:id:hamey88:20181011164229j:plain

最初の通過点

f:id:hamey88:20181011165033j:plain

係のお姉さんにパスポートを見せれば通ります。

なんのチェックかはよくわかりませんが、するっと抜けれます

 目標はとりあえず左奥方向です。

f:id:hamey88:20181011165143j:plain

 ゲートを越えて左奥へと進んでいきます。

f:id:hamey88:20181012135324j:plain

するとこんな光景が広がっています。

 

f:id:hamey88:20181012165923j:plain

看板では矢印方向に進むようには書いていますが、アバウトでどっちよってなります。

(私はなりました。)

わかりにくいかもしれませんが、赤い矢印方向に進んでください。

f:id:hamey88:20181012170231j:plain

とりあえず左の方向です。

f:id:hamey88:20181012170145j:plain

多くの人が並んでいるこちらの列を横目に過ぎつつ「ココ」を目指します。 

 24時間以内の国際線乗り換え口に到着

f:id:hamey88:20181012170342j:plain

ここが目的地です。

運が悪いとここに長蛇の列があります。

f:id:hamey88:20181012170519j:plain

青い看板が目印。

台湾やらマカオやらいろいろ書かれていますが、24時間以内のトランジットであればこちらに行きましょう。 

この時は幸いなことにほとんど行列はなく、するすると進んでいきました。 

 

f:id:hamey88:20181012172559j:plain

こちらの第1ゲートでパスポートとチケットをチェックされます。

混雑時はこの最初のゲートを超えるだけで1時間以上かかる場合もあるそうです。 

今回の所要時間は約5分ですみました。 

 

f:id:hamey88:20181012172828j:plain

最初のゲートを超えると下に階段を降りて、身体and手荷物検査コーナーへと移ります。 こちらにも列ができています。

身体チェックがかなり入念にあるため、時間がかかるようです。

 

f:id:hamey88:20181012172948j:plain

上から見てこのくらい並んでいると30分以上待つことは覚悟した方がいいです。

行列の写真の時は、係員が違うゲートを開けて列を緩和してくれました。

そういう応急処置的な対応も行われるようです。

 

またここでは、 

ペットボトル、ライターが没収されますのでご注意ください。 

 

f:id:hamey88:20181012173131j:plain

飲み物の残破棄をするゴミ箱があります。 

自分の番がくるともう一回 

チケット確認+パスポート確認(入国審査とほぼ同様です)

顔写真の撮影 

が行われます。 

f:id:hamey88:20181012173248j:plain

私が並んだ時点で前に12人くらいの人が見えました。

そこから検査を完全に終了するまでに20分くらいは待ちました。

回転率はそんなにたかくない印象です。

この人数も一つの参考にしてもらえたらと思います。

今回待ってる間にどんどん後ろの人数が増えてきたので、タイミングの問題もかなり大きいかなと思います。 

 

審査の際は特に質問などなく終了です。 

その後入念な身体チェックおよび持ち物チェックをうけます。 

 今回の合計所要時間は30分

今回の飛行機を降りてから乗り継ぎ手続きが終了するまでに所要時間約30分でした。かなりびびってはいましたが、スムーズにすみました。 

ただ予習あってのこの乗り換えかなとは思います。

 

もしどうしても間に合わない時は、現地スタッフに早めに相談した方がいいでしょう。

スキップのお手伝いをしてくれるかもしれません。

 

もし北京乗り継ぎを考えていらっしゃる方がいらしたら参考にしていただけたらと思います。 

以上、北京空港乗り継ぎ編でした。

 

私のただの知識不足でしたが、北京て海外だと「ペイジーン」って言わないとわかんないんですね。