僻地で陸マイラーの忘備録

僻地で陸マイラーの忘備録

地域医療にて勤務中の総合診療医夫婦の日頃思ったこと、マイル、診療、子育てなどつれづれなるままに書くブログ

“僻地で陸マイラーの忘備録”

IATT LOUNGE(成田空港)体験記

今回は待ち時間も長めにあったかつ、朝で空いているお店も少ない時間帯だったので、カード会社ラウンジである「IATT LOUNGE」を利用させていただきました。

 

あくまでカード会社ラウンジですので、大きな魅力があるわけではありませんが、座席が確保された状態で飲み物を飲みながらゆっくりできる空間はかけがえのないものです。

 

 

IATT LOUNGEの場所

ラウンジは4階北側の端っこの方にあります。

f:id:hamey88:20190925064154p:plain

 

カードラウンジだが、アルコール提供あり!!

ここのカードラウンジでは

無料のアルコール提供があります!!

 

・缶ビール

・ウイスキー(ハイボール)

のいずれかを入室時にカウンターのスタッフの方に伝えておけば後に席まで持ってきてくださいます。

普段利用するカードラウンジはアルコール有料のところが多かったので、驚きました。

 

ラウンジ内

中は、こんな感じ

f:id:hamey88:20190925064650p:plain

立ち席もありますし、もし満室そうであってもスタッフの方がわざわざ座席を探してきて

「あそこの席が空いていましたよ」

と親切に教えてくれました。

スタッフの方、ほんと丁寧です。

 

飲み物メニュー

f:id:hamey88:20190925064745p:plain

f:id:hamey88:20190925064805p:plain

f:id:hamey88:20190925064858p:plain

 

柿の種はお皿にとって食べることができます。

f:id:hamey88:20190925064833p:plain

僕が訪れた時は遅延欠航が相次いで比較的混雑している状況でしたが、忙しい中でもスタッフの方々は本当に丁寧に対応してくださいました。

 

まとめ

以上、IATTラウンジの体験記でした。

wifiもスムーズに使えましたし、結構快適な空間でした!!

【体験記】JAL・新間隔エコノミークラスは本当に快適か

基本青組でANAに乗ることが多い私ではありますが、

スターアライアンス系に成田-メルボルンの直行便がなかったためJALを利用させていただきました。元々、ビジネスクラスを予約していたんですが急遽欠航となってしまい、旅行の日程上やむをえず、翌日のエコノミークラスでメルボルンへ経つこととしました。

 

私は知らなかったですが、

JALは

ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」賞 3年連続受賞

されているそうで、

エコノミーシートが最も優れている航空会社さんなのだ

と私はそっと理解いたしました。

今回は搭乗した便が賞をいただいたエコノミークラス設備を有しておりましたので、その感想を記事にしたいと思います。

 

 

JAL「新・間隔エコノミークラス」

 

搭乗後のポケットにはこちらのパンフレットが入っていました。

f:id:hamey88:20190924221936p:plain

 

SKYTRAX者が運営する「ワールド・エアライン・アワード」において、

世界で最も優れたエコノミークラス座席に送られる賞

とのことで、

2017年から3年間連続で受賞されている

とのことです。

f:id:hamey88:20190924222404p:plain

 公式ページはこちらから

www.jal.co.jp

シートスペック

足を組んだり、伸ばしたりできる、ゆとりの足元空間。

を謳い文句にこちらのシート説明がはいっておりました。

f:id:hamey88:20190924222151p:plain

f:id:hamey88:20190924222539p:plain

エコノミークラスを通常3×3列シートのところを2-4-2の8列シートにしており、前後幅、横幅ともに48cmの広さを確保していとのことです。

f:id:hamey88:20190924222641p:plain

座席周囲には色々な昨日を持たせており、確かにエコノミーなのに多機能感が半端ないです。

 

では、実際の感想にうつります。

 

座席は確かに窮屈感は少ないが、余裕では足が組めない

 

f:id:hamey88:20190924222943p:plain

 

イスもスリムにしたことによって足を置く空間が広くなっているとのことで

従来のエコノミークラスと比べると広い印象を持ちました。

膝と前の座席間にしっかりスペースは保てます。

 

実際は足を組むことは可能でした。

確かに可能ではありました。

しかし、、、余裕で組めるほど広いゆとりはありませんでした。

体の大きさによるのかもしれませんが、

華奢な方ならなんなく足を組めたでしょうね。

体が硬い人は難しいかもしれません。

あくまでもちょっと広いエコノミークラスくらいの感覚です。

 

また、フライトの途中で前の席の方がイスを倒すと途端に前方空間が狭くなります。パソコンを使うには窮屈がだいぶ増す感じでした。

足元が広い分上半身は狭い、、、のかな??

そして、軽量設計からか、イスがすごくしなります。

前の方が体を動かすたびにイスがしなり、テーブルがかなり大きく動くのが、気になりました。

デスクワークをするには不向きかもしれませんね。

 

 

多彩な機能!タッチモニターパネル,USBポート、コンセント、ポケット

f:id:hamey88:20190924223116p:plain

 機能はなかなか多彩なものでした。タッチモニターの反応性もよく、画面の両サイド、前方ポケットのさらに前方にメッシュポケットが2ヶ所あり、ポケットの数はかなり多いです。 

f:id:hamey88:20190924223222p:plain

両サイドのポケットは便利がいいなと感じました。

前方一箇所だけのポケットだと中身がかなりごちゃっとしがちですが、この機体ではポケットごとに必要なものを分けていれることができるので、そこはとても使い勝手がよかったです。

 

小物もすぐ入れれるし、ゴミも入れることができます。

ちょっとした物の入れ分けができるので身の回りを整理しやすいです。

 

 まとめ

エコノミークラスの座席ではありましたが、色々座席に心遣いがちりばめられているような印象を受けました!
昔のエコノミークラスとはやはり全然違いますね

以上、JAL新間隔エコノミークラス搭乗体験でした!

【JAL】客室設備不具合でお詫びマイル 7500マイルを入手

客室設備不具合時のお詫びマイルをご存知ですか。

機材繰りの問題で予定していた機材が使えなかったり、機内サービスが十分に行えなかったりする際に

そのお詫びとして航空会社からマイルやクーポンを提供するサービスがあるようです。

私は全く知りませんでしたが、今回初めて経験しましたので

忘備録として記録しておきます。

最近台風も多いですし、みなさんもご参考までにどうぞ

 

 

台風で予定フライトが欠航、翌日に振替

楽しみにしていた夏休み。

台風に巻き込まれ予定していたフライトは欠航。

1日中成田空港で過ごし、翌朝振替便で出発しました。

 

www.hekichi-miler.com

www.hekichi-miler.com

 

もともとはビジネスクラスでのフライト予定でしたが、振替便の座席の関係であえなくエコノミークラスになりました。

 台風の影響で食事の用意が十分にできず

機内に乗り込み、いざ出発。

そろそろお昼時です。

しばらくして機内で楽しみにしていた食事が届きました。

アナウンスによると成田空港台風襲撃およびインフラの回復が不十分なため、提供するはずの食事が全部揃えれなかったとのこと。

昼食

メイン料理一品とパンが提供されました。

f:id:hamey88:20190924223931p:plain

f:id:hamey88:20190924223951p:plain

 

メインディッシュ一つ、パン一つというシンプルな構成でした。

チキンカレーは美味しかったですね。

パンはバターチーズにジャムが入っていて、しょっぱいような甘いような、、、そんな味でした。

 

夕食

こちらはランチよりシンプル

ドライカレー単品での提供です

f:id:hamey88:20190924224301j:image

f:id:hamey88:20190924224151j:image

おいしかったですよ

おいしかったですが、やはりちょっと足りない(笑)

まぁこんな状況なので仕方がありません

 

JALクーポン申請のための返信用ハガキが配られる

フライトも終盤に差し掛かった頃

機内アナウンスが響きます。

「今回のフライトでは、台風の影響のため十分なサービスを提供できませんでした。お詫びとして、JALクーポンもしくはJMBマイルの積算をさせていただきます。今からお配りするハガキをご返信ください」

といった内容のアナウンスがありました。

そして配られたハガキがこちら。

 

f:id:hamey88:20191012072953j:image
f:id:hamey88:20191012072956j:image

 

注意点として

2ヶ月以内に投函をお願いします。

とのことでした。

帰国後すぐに提出しました。

 

投函後、数日後には7500マイルが増えている

f:id:hamey88:20191012072606p:plain

客室設備不具合の項目で7500マイルが追加されていました!

投函してしばらくかかるものだと思っていましたが、なかなか早い対応でした。

申請もちゃちゃっと終わりますよ。

 

飛行機にトラブルはつきもの

自然災害はしょうがないですからね。

トラブルも楽しんで旅行したいものです。

 

【体験記】メルボルン空港・カンタス航空国際線ビジネスクラスラウンジ

アメリカンエアラインの特典航空券発券して

カンタス航空ビジネスクラスに搭乗しました。

 

 

www.hekichi-miler.com

 

 

今回は

メルボルン国際空港に滞在時カンタス航空ラウンジを利用したのでそちらを記事にしたいと思います。

 

 ワンワールド・カンタス航空ラウンジは2ヶ所ある

メルボルン空港には

カンタス航空ファーストクラスラウンジ

カンタス航空ビジネスクラスラウンジ

の2種類があります。

ワンエメ会員でもない私は素直にビジネスクラスラウンジを利用しました。

いや、利用できるだけありがたい。。。正直

 

メルボルンの空港自体はコンパクトでそんなに迷うことのない設計になっておりますが、ラウンジを見つけるのは少し苦労しました。

 

f:id:hamey88:20190924122527p:plain

ビジネスクラスラウンジへはこちらの写真が目印です。

ここからエスカレーターを使って下へと降ります。

 

f:id:hamey88:20190924122558j:plain

到着です。

いざ、ラウンジの中へ

 ラウンジ内は広々です。

朝の時間帯でしたが、既に多くの人で賑わっていました。

f:id:hamey88:20190924123319j:plain

f:id:hamey88:20190924123400j:plain

f:id:hamey88:20190924123448j:plain

広い設計で、待ってる人も多かったですが、座席数はかなりゆとりがあります。

座れないってことはまずないだろうな。。。

f:id:hamey88:20190924123411j:plain

バリスタが常駐している!?

メルボルン国際空港のカンタス航空ビジネスクラスラウンジではバリスタが常駐しており、好みに合わせて飲み物を作ってくれるとのことでした。

 

f:id:hamey88:20190924123420j:plain

f:id:hamey88:20190924123428j:plain

f:id:hamey88:20190924123438j:plain

今回は時間がなく、残念ながら断念しました。。。

次こそは是非利用してみたい

 

 

 お食事コーナー 

f:id:hamey88:20190924123750j:plain

f:id:hamey88:20190924123641j:plain

f:id:hamey88:20190924123651j:plain

f:id:hamey88:20190924123659j:plain

f:id:hamey88:20190924123710j:plain

 好物のスクランブルエッグがこんなにたくさん

f:id:hamey88:20190924123554j:plain

f:id:hamey88:20190924123602j:plain

シェラトンワイキキのラウンジでみた

パンケーキメーカー

年甲斐もなくじっと見つめてしまう

f:id:hamey88:20190924124000j:plain

 

f:id:hamey88:20190924123721j:plain

フレークコーナーもあります。

朝の時間帯だったせいか、ホットミールは少なめな印象でした。

f:id:hamey88:20190924123728j:plain

f:id:hamey88:20190924123346j:plain

その分オーストラリアンワインなどの飲み物は充実していました!!

f:id:hamey88:20190924123611j:plain

f:id:hamey88:20190924123621j:plain

f:id:hamey88:20190924123803j:plain

 

f:id:hamey88:20190924123830j:plain

初めてみるお酒があまりに多くて感動しました。

f:id:hamey88:20190924123519j:plain

f:id:hamey88:20190924123456j:plain

可愛らしいフルーツの盛り合わせ

f:id:hamey88:20190924123530j:plain

f:id:hamey88:20190924123542j:plain

f:id:hamey88:20190924124013j:plain

時間もなかったので少しだけいただきました

んー、ヤミー

シャワー室は鍵が開きっぱなしで勝手に入れました

f:id:hamey88:20190924123859j:plain

f:id:hamey88:20190924123817j:plain

f:id:hamey88:20190924123847j:plain

トイレとシャワーブースがセットになっております

 

タオルなどは置いてないのですが、、、

スタッフの方に言えばもらえるのかな

確認が必要です!!

 

 

充実のキッズスペース!!

キッズエリアも広めに設計してあります!

小さいお子様がいても安心できそうなスペースです。

 

f:id:hamey88:20190924123333j:plain

f:id:hamey88:20190924123914j:plain
 f:id:hamey88:20190924123947j:plain 

おもちゃはもちろんのこと、お絵かきスペースまでありました。

これなら飽きずに遊ばせることができ、かつ自分もゆっくりできそうです。

アンドリューくんはスイミングに行くみたいですね!

しかし、、、Bahってどこだろ。。。

 

以上、メルボルン空港

カンタス航空国際線ビジネスクラス体験記でした!! 

カンタス航空ビジネスクラス搭乗機-MEL to NRT-

 カンタス航空ビジネスクラス メルボルン-成田間

に搭乗してきました。

ビジネスクラスの搭乗が経験が浅いので、いつもとても興奮します。

お陰様で、とても充実したフライトを楽しませていただきました。

では、ビジネスクラス搭乗記レビューさせていただきます。

 

 

アメリカンエアライン特典航空券で発行

 

メルボルンに友人がいるのですが、

メルボルンを訪問するにあたり、どう向かうか色々悩んだのですが

「メルボルンまで、お得に行く方法はないか」

とtwitterで相談したところ、親切なマイラーさんから、

アメリカンエアライン特典航空券発行

について、教えていただきました。

 

バン◯ーさん!!!!情報提供本当にありがとう!!!!

お陰様で素敵な旅ができました!!!

 

 

自分でも調べてみたところ、

アメリカンエアライン特典航空券はアジアやオセアニアに少ないマイルで特典航空券を発行できるケースが多く、かなり使い勝手がいい

ようです。

 

今回のフライトは、メルボルンから成田および国内区間含めて

American Airline 40,000 awardmile

カンタス航空ビジネスクラスに搭乗することができました。

今回は直行便ではありましたが、アメリカンエアライン特典航空券はマイル数変わらずのまま乗継便を選択することが出来るとのことで、時間的余裕があれば同じマイルで複数箇所訪問することが出来ます

今回は時間の関係で直行便を選択しましたが、アメリカンエアラインは使い方次第でかなりの魅力を引き出しますね。

 

 

メルボルン国際空港 カンタス航空のビジネスクラスラウンジ

 

搭乗までの間

カンタス航空ビジネスクラスラウンジ

に滞在しましたが、

こちらについてはまた別記事でまとめさせていただきます。

 

カンタス航空はよくディレイするは本当だった-30分の搭乗遅延-

 

オーストラリア在住の友人から

「カンタス航空のboarding timeは大体遅延するよ。

まぁ時間通りに行くにこしたことはないけど、

多少遅くゲートについても安心していいよ。」

と話を聞きました。

「まぁ、そうはいっても、、、」

と思っておりましたが、

 

・・・

 

・・・

 

搭乗が始まらない。。。

 

 

ゲート付近で待機していてもなかなか搭乗案内が開始されません。

電光掲示板の搭乗時刻が変わるわけでもなく、

ただただ案内待ちの時間が過ぎました。

結局案内されたのは当初の搭乗時刻から30分過ぎた時間でした。

 

 

f:id:hamey88:20190924113814j:plain

気を取り直していよいよ搭乗です!

 

座席

 

f:id:hamey88:20190924113155j:plain

おぉーーーー、ビジネスクラスや

と1人で感動です。

 

f:id:hamey88:20190924113516j:plain

車と同様の肩からかけるタイプのシートベルト

f:id:hamey88:20190924113837j:plain

 Let's go

f:id:hamey88:20190924113903j:plain

f:id:hamey88:20190924114244j:plain
コンセントはUSBポートと一般的なコンセント2ヶ所

f:id:hamey88:20190924113546j:plain

ペットボトル水は最初から常備されています。

 ポシェットも準備されておりまして

f:id:hamey88:20190924113941j:plain

f:id:hamey88:20190924113351j:plain

f:id:hamey88:20190924120754j:plain
いただいたポシェットには

歯ブラシ、スキンケアセット、アイマスク、イヤホン、靴下

が入っていました。

f:id:hamey88:20190924114058j:plain

どのタイミングで使えばいいのかわからない鏡
 

f:id:hamey88:20190924114148j:plain

 QANTASオリジナルヘッドホン

ノイズキャンセルはなさそうでした。

 

カンタス航空の非常用安全設備の紹介ムービーが面白い

カンタス航空の非常用設備のご案内は

世界各国で撮影したみたいで、かなり壮大です。

スタートは空港から始まりますが、、、

f:id:hamey88:20190924113336j:plain

 

f:id:hamey88:20190924114036j:plain

 崖の上でつける酸素マスク

登山家か

f:id:hamey88:20190924114221j:plain

これは東京のシーン

みてて飽きない作りになっておりますので、もし搭乗されたら是非ごらんください。

f:id:hamey88:20190924113615j:plain

シャンパンでフライトスタートです。

<食事編>

飛行機といえば食事が楽しみですよね。 

まずはメニュー写真から

f:id:hamey88:20190924113427j:plain

 

f:id:hamey88:20190924113705j:plain

 

 ドリンクもメニューが豊富です。

メルボルンで堪能しまくったflat and whiteまで選べます。

f:id:hamey88:20190924114416j:image

 

 

 

ナッツと赤ワイン



f:id:hamey88:20190924114445j:image









せっかくのオーストラリア旅行なので、

オーストラリアン赤ワインをいただきました。

あまり酔うともったいなのでチェイサーの水も同時に注文です。

早めにお酒は飲み干して、食事に集中する計画でしたが、

ワインを開ける度に気をきかせてくれてエンドレスで注がれつづけるワイン。。。

フライトアテンダントの方も気付くのが早いこと早いこと

4,5杯目あたりまで頑張りましたが、、、

もう飲み干すのを諦めることにしました。

 

海老とコーンのフリッター トマトときゅうりのサルサかけ

 f:id:hamey88:20190924114439j:image

サラダはオリーブオイルベースのドレッシングがいい匂いで美味でした。

フリッターはちょっとスパイシーなテイストで美味しくいただきました。

 

牛フィレ肉の赤ワインソースかけ

f:id:hamey88:20190924114419j:image 

ソースの風味よく、美味しかったです。

ただグリーンピースの量があまりに多くて衝撃的でした。

 flat and white

チェイサーとして頼んだflat and white

f:id:hamey88:20190924114436j:image

んーとてもいい香りです^^

 

Pat and Stick’s アイスクリームサンドイッチ

 f:id:hamey88:20190924114426j:image

f:id:hamey88:20190924114452j:image

クッキーに挟まれたアイスです。

オーストラリア名物のflat whiteと一緒にいただきました。

現地で飲んだflat whiteと変わらぬ優しい味でした。

 

ロースト野菜のタルト

f:id:hamey88:20190924120246j:image

こちらも美味です。ソースの酸味が効いてて、結構ピリ辛です。

辛いのが好きな人でないと、刺激が強いかもしれません。

 

 

やはりビジネスクラスは快適な空の旅

 帰りに夕焼けの富士山が少しだけ見れました。

オレンジをバックにした富士山がなんだか幻想的で素敵な光景でした。f:id:hamey88:20190924114430j:image

行きのエコノミーと比べるとやはり相当快適!!

いい旅行ができました!

 

今回のフライトで感じましたが、

アテンダントの方はわからないことがあってもゆっくり丁寧に説明してくれましたので、英語が得意じゃなくても安心かなと思います。

 

以上、カンタス航空ビジネスクラス搭乗記録でした!!

 

国際線特典航空券変更後、マイルの払い戻しは電話対応で返還

昨日国際線を利用しました。

 

当日が不運にも台風15号の影響で欠航してしまい、、、

翌日の搭乗便に振り替えてもらいました。

 

 

www.hekichi-miler.com

 

その際、空席の関係で

ビジネスクラス → エコノミークラス

へと変更になりました。

 

元々ビジネスクラスは4万マイルで予約しておりましたが、、、

 

振替当日のマイルの払い戻しは行ってもらえず

 

予約振替の際に

「エコノミークラスに変わった場合、マイルはどうなるんですか?」

と問い合わせたところ

「一旦担当部署に確認しますので、一回切ってお待ちください」

と言われ、30分後に

「帰国後にJMB問い合わせセンターに再度電話して、変更手続きをとっていただけないでしょうか。」

とのことでした。

f:id:hamey88:20190914094402p:plain


後日電話し、エコノミークラス分のマイルとの差額を返してもらえた

帰国後に問い合わせしたところ

すんなりと

「ビジネスクラスーエコノミークラス差額分」

を変換していただきました。

当日中には返還していただけるとのことでした。

 

まとめ

そんなに中身のない記事ではありますが、

トラブル時にはどんなことが起きるのか少しでも情報があった方が安心かと思い情報の共有をさせていただきました。

 

問い合わせセンターももう少し繋がりやすいとなおいいですね

 

【体験談】台風15号に伴うJAL便欠航までの流れを時系列でまとめました

 

 

昨日の台風15号は関東地域に甚大な被害をもたらし、空の便、電車、バスなどあらゆる交通機関がストップし、また停電や断水など各家庭にも様々な被害をもたらしました。

たまたま同日にメルボルン行きのフライトに乗る予定だった私は空港を訪れていて結果として欠航で飛行機に乗ることができず、成田空港で一夜を明かしました。

 

今回その一連の流れについて時系列とともに、みなさんと情報共有をするとともに忘備録として記録しておきます。

また同じようなことが起こった場合、どう対処すべきなのか今後のみなさんの参考になるかもしれません。

もし不快な方がいらっしゃれば教えてください

 

 

台風15号と前泊

台風15号は9月8日深夜から9月9日午前中にかけて関東に上陸するとのことでした。交通機関がストップしてしまう可能性を考慮して、9月最寄駅が成田駅の東横インに宿泊しました。ホテルは満室でした。

 

午前3時頃 ホテルの停電に気付く

夜中に目を覚ますと非常用ライトが点灯しているの気づきました。最初はよくわかりませんでしたが、室内天井の1個のライト以外部屋の電気が使えなくなっているので、停電していることに気づきました。

 

午前5時頃 窓付してあるベッドがビショビショになっている

そこから二度寝して次に目をさますとマットレスが冷たいことで目が覚めました。周りはうっすら明るくなっていたので見渡すと、窓にすごい勢いで風が吹き付け、雨が窓の隅っこからどんどん入ってくるのがわかりました。止めようもありませんのでそのまま朝を迎えました。

f:id:hamey88:20190911223346j:image

午前5時半 搭乗予定の便が遅延するメールが届く

元々出発予定は10時半でしたが、

「台風のためフライトを12時に変更します。」

との旨のメールが届きました。

とりあえず飛びそうなことに安心しました。

 

7時 東横インを出発する

東横インの廊下にでると、廊下は真っ暗でした。エレベーターももちろんすでに息絶えていました。キャリーケースを抱えて一回まで降りると一面水浸しの床を頑張って清掃するスタッフの方と、空港へ向かう人でロビーはあふれていました。長蛇の列に並んで空港へ向かいます。

f:id:hamey88:20190911231004j:image
f:id:hamey88:20190911231014j:image

廊下真っ暗でエレベーターも死んでました
f:id:hamey88:20190911231008j:image

8時 空港に到着

すでにいくつかの便は変更時間が記載されていましたが、自分が乗るメルボルンの便は記載されていませんでした。

フロントは受付ができない状況で、チェックインができる環境が整い次第場内アナウンスにて連絡しますとのことで、チェックインカウンター周辺で待ってくださいとの説明を受けました。

待てども待てどもなかなかチェックインをすることができず、刻々と時間が経過し、色々プラプラしながら時間をつぶしました。

 

11時過ぎにチェックイン開始

やっと場内アナウンスがあり、チェックインカウンターに並びました。

今回はビジネスクラスの利用だったので、比較的空いているカウンターに並んだはずですが、それでもチェックイン完了したのが11時半頃でした。

チェックインカウンターでは

「一応今の所12時から変更の通達を受けていません。ただ、皆様が間に合うことはないと思うので変更にはなると思いますが、、、正式なアナウンスは出国審査を終えた先のラウンジなどでアナウンスがあると思いますので中で次の連絡をお待ちください」

とのことなので、手荷物検査と出国審査を受けました。

f:id:hamey88:20190911231138j:image

12時 SAKURAラウンジに到着

この時点ですでに出発時刻を迎えておりましたが、ラウンジのフロントに確認したところ、やはりこのままここで待ってくださいとのことでした。

 

食事や飲み物を楽しみながら時間をつぶしておりました。

待てども待てども私が乗る便のアナウンスはありません。

自分の便の後発の便が出発が決まったり、欠航が決まったりしていました。

 

16時頃 一向にアナウンスがないのでデスクの方に聞いてみる

フロントに現状況を訪ねに行くとサラリーマン風の男性が

「なんのアナウンスもなく、なんの情報の追加もないのであればなんで待たされているのか分からないし、次の対応が取れないから困る。あなたたちにいっても仕方がないことはわかってるんだけど、、、」

とデスクに色々言っていました。彼が私と同便であったかはわかりませんが、まぁ気持ちはわからなくもないなと正直少しは思ってしまいました。

とりあえず私の便に関して尋ねると、

「まだ情報が更新されていません。このままお待ちください」とのことでした。

 

16時半すぎ 続々と他便の運航が決まる

待っている間に続々と他便の欠航が決まっていきます。

まだ何も決まっていない午前中の便は私が乗る便ともう一つの便だけでした。

ラウンジデスクに群がる人々。。。

デスクの方も困惑して大変そうなのを横目に待ち続けました。

 

17時半頃 突然自分の乗る便が電光表示板から表記が消える

定期的に電光掲示板を確認していましたが、突然自分が乗る予定だったメルボルン行きの表記が消失しました。どういうことだろうと思い、再度混雑するデスクへ行きました。

「まだ情報がないので、お待ちください。必ずアナウンスがありますので」

とのことなので待ちます。

 

(9月9日 17時46分  欠航のお知らせがメールできた)

アナウンスを待っている間、別の作業をしていたためメールに気づかずでした。

 

18時半すぎ 友人からのメールで欠航に気付く

私を待つ現地の友人が、飛行機欠航になってるよ、とのメールをくれたのでHPで確認すると確かに欠航になっていました。

「台風15号の影響により乗務員の手配ができないため欠航となっております。ご不便・ご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。」

 

アナウンスを待っていたので聞きもらすことはさすがにないと思います。

再度デスクに行くと、キャンセル便続出の状態ですから何人もの人がデスクに並んでいましたので、大人しく後ろに並びます。

 

19時過ぎ デスクで欠航を確認する

 

デスクに確認したところ、やはり欠航になったとのことでした。

デスクの方に

・欠航になったこと

・デスクでは予約の取り直しが出来ないので、自分で予約問い合わせセンターに電話するようにとのこと

・JAL側では宿泊先は用意できないので自分でホテルを探すこと

・後に欠航証明書を発行するので、またアナウンスをするということ

を聞きました。

予約問い合わせセンターは19時には終了するとのことでしたが、今回は緊急事態なのでまだ繋がるはずですとのことでした。

f:id:hamey88:20190911231315j:image

19時過ぎ 問い合わせセンターに30回電話する

予想通りではありましたが、まっっっっっっったく電話が繋がりません。

何回かけても「お繋ぎできません」とのことで、ひたすら電話をかけ直しました。

約30回くらいのところで繋がり、

「一時間程度お待ちいただくことが予想されます。お待ちいただけるのであればそのままお待ちください」

と電話口で言われたのでそのまま電話をキープした状態で待ちました。

 

 

19時半 メルボルンに対する初アナウンス

19時50分頃を目処に欠航証明書を発行するとアナウンスがありました。電話をかけ続けた状態で待ちます。まぁこれも予想通りでしたがこの時点で成田空港周辺のホテルはほぼ完売していました。ニュースで公共交通機関も壊滅して1万人が取り残されているニュースをみたので、今日成田空港を脱出することは早々に諦めがつきました。

 

19時50分頃 欠航証明書が渡される

19時50分にラウンジ内で欠航証明書が渡されました。

また、交通費・食事費とのことで1万円を現金で手渡されました。

証明書にサインをしてその場を去ります。

この時点でまだ電話がつながっておりませんでした。

日本への出国手続き取り消しならびに荷物の受け取りをするよう説明されましたが、こちらとしては明日の予定をたてるのが最優先なので、ラウンジ内でひたすら電話が繋がるのを待ちました。

 

20時45分頃 ついに電話がつながりました。

こちらとしてはなるだけ早くにメルボルンに行きたい旨をお伝えしましたところ、

「明日であればエコノミークラスであれば空きがあります。ビジネスクラスとなると明後日以降でないとありません。」

とのことでした。

「エコノミークラスでも大丈夫なので、明日の便をおさえてください。ただ、今回はビジネスクラスの特典航空券を利用しているので、差額のマイルは返して欲しいです」

と伝えました。マイルに関しては、再度担当に確認してから改めて電話しますとのことだったので一旦電話を切って待ちます。

15分後再度電話があり、

「マイルの返還に関しては、帰国後に改めて問い合わせセンターに電話して手続きをして欲しい」

とのことでした。正直また電話しなくちゃならないのか、、、と思ってしまいましたが、今日はこの方の電話を待っている方が大勢いるはずなので、なるだけ速やかに電話を切りました。

とりあえず翌日の便が確保できたことに安堵を覚えました。

 

21時半頃 とりあえず夕食を確保

 

成田空港を脱出する方法を色々調べましたし、ホテルも調べましたが結局いい案は思いつきませんでした。食事をとる場所もないと思われたので、ラウンジで本日3食目のカレーをいただきました。

 

22時頃 ラウンジを出て入国しようとすると超超長蛇の列

成田空港に着陸する飛行機はどんどん着陸していたようで、日本へ入国できてない人が長蛇の列をなしていたので一緒に並びました

f:id:hamey88:20190911231433j:image

22時半 入国審査入り口直前で別入り口へ案内される

キャンセル便搭乗者はまとめて案内していたみたいで、私ははぐれメタル的な存在であった様子です。

職員同士で色々揉めていましたが、最終的に別口で案内されて外にでることができました。

その後で置き去りにされた荷物を拾いに行きました。

f:id:hamey88:20190911235703j:image
f:id:hamey88:20190911235708j:image

 

23時半 やっと入国も、成田空港到着ロビーは人人人人

自動販売機は全て売り切れで飲み物は買えませんでした。

 

寝袋とクラッカーと飲料水が配布されていたようです。

f:id:hamey88:20190911235748j:image

翌朝5時 電車は動き出すも長蛇の列

翌朝になって電車は復旧した様子でしたが、そこも長蛇の列をなしていました。

 

我々乗客だけでなく、スタッフの皆様方は大変忙しそうに仕事されていました。

本当に皆様お疲れさまでした。

f:id:hamey88:20190911235844j:image

一連の流れから思うこと

 

この1日で思うのは、、、

 

・なぜ欠航直前までなんの情報も得られなかったのか

・航空券再発券を問い合わせセンターに回したらパンクすることなんて目に見えているだろうに、それしか手段がなかったのか

 

ということかな。

さすがに何も情報がありませんで何時間も待った挙句、いきなり欠航です

は精神的に堪えるものがありました。

いつ情報がはいるかもわからない中、ラウンジから一切でれなかったですしね。

ここは何か方法がなかったのかな

欠航なら欠航で、早めに動きたいなと

 

あと予約取り直しに1時間半電話を繋ぎっぱなしにしないと出来ないってさすがに効率が悪すぎるのではないかと思います。

ずーっと音声案内を聞き続けないといけないってのもね、それは大変

 

自然災害は仕方のないことだとは思いますが、

もっと変えれる点があるのではないかと思うのが正直なところです。

 

最後に誤解のないように記載しますが、

現地スタッフの方は本当に忙しそうに対応をされて、頑張っていらっしゃいました。

実際の手続きも丁寧に対応していただいたので、現場スタッフの皆様方には尊敬念はあれど、不満は一ミリもありません。

あれだけ忙しければ、アナウンスが難しいのも理解できます。

不満があるとすれば、運営側にですかね。

 

疲れましたが、無事オーストラリアに入国できましたので精一杯楽しもうと思います。

 

最後に私が食べたカレーたちをどうぞ

f:id:hamey88:20190911231407j:image
f:id:hamey88:20190911231411j:image

カレーうどんのアレンジ